prismScapeFilmの「No!Trafficking」


by no-trafficking
b0140563_2256269.jpg
去年の8月に訪ねたNGO•HRDC。写真を撮ってくれた子どもたちに、再度インスタントカメラを渡すことが出来そうです。
今週の木曜から行ってくるスタディビジットのスケジュールでは、残念ながらHRDCを訪問することは出来ないのですが、HRDC所長のテテさんがちょうどチェンマイにいらっしゃるとのこと。
それはぜひに!ということで、お会いしてカメラをお渡ししようと思っています。
あの夏に自分が撮った写真を見た子どもたちが、二度目にカメラを構えた時に一体何を見つめようとするのか。とても楽しみです。夏にはまたぜひ会いに行って、直接カメラを渡して撮るという体験を共有したいです。
[PR]
# by no-trafficking | 2009-03-01 21:43
b0140563_21191779.jpg
春の「てのひら〜人身売買に立ち向かう会」さん主催タイ北部スタディビジットまで、10日ほどほとなった本日。四谷Latitude☆Pにて事前勉強会が行われました。夏のビジットでは、「Tribal Kids' Eyes」展でご紹介したようにHRDCというNGO施設での子どもたちとの関わりがメインでしたが、今回はまた全く違う内容です。
日本への移住労働(人身売買のみではないです)経験のある女性たちが住む村へ行きお話を聞いたり、移住労働経験のあるタイ女性と日本人男性との間に生まれた子どもたちと関わったり、HIV/エイズ感染者•患者を支援をしているNGOを訪れたり、はたまた話でしか聞いたことのないゴールデントライアングル近辺に足をのばしたり、と1週間とは思えない濃い内容のビジットとなります。
十分なコミュニケーションがない状態で、サバイバーの女性たちにカメラを向けることはないと思います。けれど去年の夏に感じたように、その地•その暮らしにどのような『美しさ』を自分自身が発見するかどうか、そこにフォーカスをあてればシャッターを押す時は数多くあるように思えます。
「助けてあげなきゃいけない可哀想な人たち」だなんて不自由な思い込みがない状態で、彼女たち彼たちが生きるその場所に立ちたいと、今日の勉強会であらためて感じました。
ビジットの準備を細やかに行ってくれる「てのひら〜」のスタッフに感謝しつつ、どきどきしながらの準備期間です。
[PR]
# by no-trafficking | 2009-02-22 21:20
2009年もスタートしてはや三週間。NPO法人の決算作業などを終え、No! Trafficking Projectも動き始めました。
3月の前半に行われる、NGO「てのひら〜人身売買と立ち向かう会」主催のタイ北部•スタディビジットに参加してきます。前回のHRDCでの子どもたちとは違い、成人女性のサバイバーの人たちと会うことも含めたビジット。参加者の申し込みを受け付けているので、関心のある方は以下のサイトをご覧になってください。
イーココロhttp://www.ekokoro.jp/ngo/event561.html


[PR]
# by no-trafficking | 2009-01-20 18:28
2008年の春に本格的に動き始めたこのNo! Trafficking Project。夏の北タイビジットを経て11月に開催した「Tribal Kids' Eyes展」には多くの皆さんにお越し頂きました、本当にありがとうございました。

感情が揺さぶられた時、瞬発的に行動することは容易いことですが、考え続けること•思いを馳せ続けることはとても難しいことです。
自分のことで精一杯になるのは当然のこと。私自身もそんなふうに多くを忘れ去りながら暮らしています。けれど、この人身売買の問題に関しては、記憶のすみに追いやってしまうことが出来そうもありません。この問題を知ったとき、自分のなかのどこかに彼女ら彼らの痛みがぎゅっと刻印されたような感覚がありました。どうしても他人事とは思えません。

相変わらず私たちに出来ることは至極少なく自分の非力さを実感する日々ですが、来年もその先もこの問題に目を向け続け続けるなかで、何かをみなさんに手渡していけたらいいなと思っています。

本年はどうもありがとうございました。
2009年もどうぞよろしくお願いします。(村上)

b0140563_1544454.jpg
[PR]
# by no-trafficking | 2008-12-31 15:07

送る準備

Tribal Kids' Eyes展で展示したムセキ村の子どもたちが撮った写真を、メリークリスマス&ハッピーニューイヤープレゼントとして送るため、三冊のアルバムを買ってきました。壁面で見るのとはまた違う、一枚いちまいの見え方。子どもたちはどんなふうに受け取るでしょうか。楽しく見てもらえたら本当に嬉しい。
次に子どもたちと会えるのはたぶん3月。8月の雨期とは違う、乾期のムセキ村の景色のなかで子どもたちと会うのが今からとても楽しみです。(村上)

b0140563_18165086.jpg
[PR]
# by no-trafficking | 2008-12-12 18:17