prismScapeFilmの「No!Trafficking」


by no-trafficking

企画展示、終了しました。

6/21〜28に開催した「Back To Yours〜カラダに還る〜」展、終了しました。
ご来場頂いたみなさま、誠にありがとうございました。
今回はvol.1展示「Tribal Kids' Eyes」にも増して、人身売買をテーマにしつつもとても要素の多い展示&ビデオで、フォーカスの見えにくさもありました。けれど、焦点を一点に絞り込むことはできない問題であるということこそが人身売買という問題の難しさなのだということを、展示を行う中で自分自身も実感しました。
表現方法としてまだまだ拙いという反省も含めつつ、今後の関わり方を考えていきたいと思います。
ジャーナリストでもアクティビストでもない私が、どのような立ち位置で人身売買問題と向き合っていくのか。今後も、客観性と主観性の持ち方のバランス、その難しさを慎重に考え続けながら進んでいきたいと思っています。
[PR]
by no-trafficking | 2009-06-30 18:34